開会式で元気よく入場行進する選手たち(京都府宇治市・太陽が丘球場)

開会式で元気よく入場行進する選手たち(京都府宇治市・太陽が丘球場)

 京都府内の学童野球チームが夏の頂点を目指す第51回中信杯「全京都学童軟式野球選手権」(京都軟式野球連盟、京都新聞、KBS京都主催)の開会式が22日、宇治市の太陽が丘球場で行われた。

 学童の部(制限なし)とジュニアの部(4年生以下)に計204チームが出場する。開会式では強い日差しの下、選手たちは大きな掛け声で元気いっぱいに入場行進し、スタンドから大きな拍手が送られた。

 選手宣誓で、日野ライオンズの行山(ゆきやま)慎之助主将(11)=日野小6年=が「令和という新しい時代に野球ができることに感謝し、仲間を思いやり、最後まで諦めずに正々堂々と闘うことを誓います」と力強く述べた。

 大会は7月20日に殿田グラウンド(京都市南区)などで開幕。決勝は8月11日にわかさスタジアム京都(同市右京区)で行う予定。