サッカーのJ2第19節は22日、ニンジニアスタジアムほかで10試合を行い、京都サンガFCは2―0で愛媛に快勝した。3試合ぶりの勝利で勝ち点を33に伸ばし、順位は5位で変わらない。

 サンガは後半12分、黒木がFKを直接決めて先制。15分には、9試合ぶり先発の金久保がシュートしたこぼれ球を、一美が押し込んで追加点を挙げた。

 首位の山形が長崎を2―1で下し、勝ち点を39に伸ばした。2位大宮は東京Vと、3位水戸は横浜FCといずれも引き分けた。勝ち点は大宮が35、水戸が34。