男子400メートル個人メドレー決勝 4分25秒39の大会新記録で優勝した京都外大西の長牛(京都アクアリーナ) 

男子400メートル個人メドレー決勝 4分25秒39の大会新記録で優勝した京都外大西の長牛(京都アクアリーナ) 

 競泳のインターハイ京都府予選第1日は22日、京都アクアリーナで行われ、男子400メートル個人メドレーは長牛太佑(京都外大西)が、シドニーとアテネ五輪に出場した三木二郎氏(京都外大西高―日大出)の持つ大会記録を0秒02更新する4分25秒39で2連覇を飾った。

 女子は200メートル自由形で辻薫乃(西城陽)が2分5秒28で同種目3連覇。何沢由衣(京都外大西)が200メートルバタフライと400メートル個人メドレーの2冠に輝いた。男子200メートル平泳ぎは、京産大付1年の豊山就介が2分17秒13で制した。