海上自衛隊舞鶴地方総監部

海上自衛隊舞鶴地方総監部

 海上自衛隊舞鶴地方総監部(京都府舞鶴市)は26日、同僚の財布から現金3万円を盗んだとして、舞鶴基地業務隊の20代の女性海士を、免職の懲戒処分にした。

 総監部によると、女性海士は5月23日、当時勤務していた護衛艦の居住区内で、同僚の女性隊員のカバンに入っていた財布から、現金を抜き取った疑い。女性海士は全額弁済しており、「プライベートや仕事にストレスを感じていた。自分でもなぜお金を取ったか分からない」と話しているという。