大河ドラマ館ができる京都スタジアムの工事現場(亀岡市追分町)

大河ドラマ館ができる京都スタジアムの工事現場(亀岡市追分町)

 NHKは26日、2020年の大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」に出演を予定していた女優の沢尻エリカ容疑者(33)が麻薬取締法違反の疑いで逮捕されたことを受け、1月5日の初回放送を2週間後の同19日に延期すると決定した。主人公明智光秀のPR施設を開業する京都府亀岡市、福知山市も対応に追われた。


 府立京都スタジアム内に「大河ドラマ館」を開設する亀岡市には同日午後、メールで延期の連絡があった。1月11日に予定するドラマ館の開業や展示内容の変更が必要かについてNHK関連会社と協議している。すでに前売り券を販売中で、市光秀大河推進課は「延期は残念だが、ドラマ館には影響が出ないよう努力する」という。
 府内の自治体などでつくる「大河ドラマ『麒麟がくる』推進協議会」の事務局を担う福知山市。福知山城公園内に光秀の生涯などを紹介する「福知山光秀ミュージアム」を設置する。放映が遅れても予定通り1月11日に開館するが、市秘書広報課は「来場者の入りが心配」と気をもむ。