JR西日本によると、24日午前11時50分ごろ、JR東海道線の摂津富田-JR総持寺間で踏切の遮断棒が折れているのが見つかったため列車が徐行運転した。この影響で京都-米原間で列車に一時遅れが出た。