復旧工事が完了した在田橋(福知山市大江町公庄)

復旧工事が完了した在田橋(福知山市大江町公庄)

 昨年3月に増水の影響で落下した由良川の在田橋(京都府福知山市大江町)の復旧工事が完了し、25日から通行が可能となった。

 在田橋はコンクリート製の沈下橋で、全長131・6メートル、幅4メートル。昨年3月、増水の影響で橋脚が川底に沈み込み、中央部の約40メートルが落下。通行止めが続いていた。

 府中丹西土木事務所が昨年4月から工事に着手し、全長の約6割に当たる84・2メートルを新たに架け替えた。コンクリート製だった橋脚を鉄製に変え、川底に固定するくいを長くすることによって、増水時の耐久性を向上させた。車両は総重量8トンまで通行できる。