山井和則衆院議員

山井和則衆院議員

 国民民主党は26日の総務会で、離党の意向を表明している山井和則衆院議員(比例近畿)を除籍(除名)処分とする方針を決めた。今後党倫理委員会で審議し、総務会で決定する。

 山井氏は今月3日に離党届を提出し、立憲民主党と同じ衆院会派入りを希望する考えを示した。小林正夫総務会長によると、総務会では平野博文幹事長が「国対委員長代行の要職にありながら会期中に重い職責を放棄する無責任極まりない行為で、野党間の連携に水を差しかねない」などと処分理由を説明したという。