特別昼食で提供する京野菜や自家製生ゆばを使った京料理(京都市中京区・二条城)

特別昼食で提供する京野菜や自家製生ゆばを使った京料理(京都市中京区・二条城)

 世界遺産・二条城(京都市中京区)で特別昼食「早春の二の丸御膳」の提供が来年1月11日から始まる。普段は非公開の「香雲亭」で、清流園の庭を眺めながら京料理が楽しめる。2月20日まで。

 料理は「京料理いそべ」(東山区)が作る。堀川ごぼうや聖護院だいこんなど旬の京野菜と、自家製の生ゆばをふんだんに使ったメニューが並ぶ。器は京漆器や清水焼を使う。
 香雲亭は安土桃山、江戸初期の豪商角倉了以の邸宅を移築した。2017年度から夏は朝食、冬は昼食を提供する企画を市が続けている。京料理いそべの磯辺栄一常務は「器にもこだわっており、京都を満喫してもらいたい」と話す。
 1日計68人限定で3500円。午前11時半と午後1時の2部制(いずれも1時間)。入城料が別途必要。12月1日から予約を受け付ける。申し込みは京料理いそべ075(551)1203。