Bリーグ1部の京都ハンナリーズは27日、前三河のガード松井啓十郎(33)と契約合意した、と発表した。東京都出身の松井は米国の高校と大学を卒業後、A東京などでプレーし、2017年から三河に所属した。188センチ、83キロ。

 また、フォワードのジュリアン・マブンガ(29)、センターのデイヴィッド・サイモン(36)と契約継続で合意した。マブンガは17年に滋賀から京都に移籍し、昨季リーグのアシスト王に輝いた。サイモンは昨年9月に京都に入団。58試合に出場し、リーグ2位の平均24・3得点を記録した。