見頃を迎えたアジサイ(宇治田原町湯屋谷・永谷宗円生家)

見頃を迎えたアジサイ(宇治田原町湯屋谷・永谷宗円生家)

 京都府宇治田原町湯屋谷にある、煎茶製法を開発・普及させた永谷宗円の生家で、アジサイが見頃を迎えている。紫や青、ピンクの花が訪れた人々の目を楽しませている。

 生家を管理する永谷浩美さん(59)が十数年前から植え始めた。ピンクから緑に花の色が変わる「カメレオン」など約20種350株を育てる。生家のアジサイは人気で、奈良県や滋賀県などからも見物客が訪れているという。

 永谷さんは「今年は花がたくさんついて色もきれい。10年の内で最高のでき」と話す。見頃は7月10日ごろまで。午前9時~午後1時公開。入場無料。