オオサンショウウオのぬいぐるみを手に「歌劇 海神別荘」の見どころを語る桐生麻耶さん(右)と城月れいさん(左)=京都市下京区・京都水族館

オオサンショウウオのぬいぐるみを手に「歌劇 海神別荘」の見どころを語る桐生麻耶さん(右)と城月れいさん(左)=京都市下京区・京都水族館

 泉鏡花原作「歌劇 海神別荘」が7月13~25日、京都・南座で上演されるのを前に、「海の公子」役で主演するOSK日本歌劇団のトップスター桐生麻耶さんらが28日、京都水族館(京都市下京区)の大水槽前でテーマ曲「すべては海へ」を披露し、海中で幻想的に繰り広げられる「海神別荘」の世界へといざなった。

 駆け付けたファンが見守る中、桐生さんと、ヒロイン「陸の美女」役を演じる城月れいさんが、本番と同じ衣装をまとい情感たっぷりに歌い上げた。

 イワシの群れやマダイなどが泳ぐ京都の海を再現した大水槽を前に、城月さんは「水族館に来て、なんとなく海の中へ入っていくイメージがつかめた気がした。舞台に役立ちそうです」と話し、桐生さんは「海のようにどこまでも真っ青で底が深い、今回の歌劇の世界観を表現したい」と話した。

 歌劇の作・構成は、人気ゲーム「サクラ大戦」シリーズの生みの親、広井王子さんが担う。