井上章一さん

井上章一さん

 国際日本文化研究センター(京都市西京区)の次期所長に、井上章一教授(64)が決まった。大学共同利用機関法人・人間文化研究機構(東京都)が27日発表した。来年3月末で任期満了する小松和彦所長(72)の後任。任期は4月1日から4年。
 井上教授は1955年京都市生まれ。京都大工学研究科修士課程修了。専門は建築史、意匠論、風俗史。京大人文科学研究所助手を経て、87年に哲学者の故梅原猛氏らが開設した日文研の創設メンバーとして助教授に就任。2002年から現職。13年から3年間、副所長を務めた。
 著書は「つくられた桂離宮神話」「南蛮幻想」「愛の空間」「京都ぎらい」など多数。
 日文研の研究者や外部委員らで構成する運営会議が今年9月、投票で次期所長候補に井上教授を選出。日文研や国立民族学博物館(大阪府吹田市)など6研究機関で構成する大学共同利用機関法人・人間文化研究機構の承認を経て決定した。