芸術家らを写したアラ・ギュレル氏の作品が並ぶ会場(京都市東山区・東福寺大慧殿)

芸術家らを写したアラ・ギュレル氏の作品が並ぶ会場(京都市東山区・東福寺大慧殿)

 トルコの著名写真家アラ・ギュレル氏の写真展が1日から京都市東山区の東福寺・大慧殿で始まるのを前に、トルコのエルドアン大統領らが出席しての開会式が30日、大慧殿で行われた。

 写真展はトルコの大統領府が主催。昨年亡くなったアラ・ギュレル氏は「世界七大写真家」と評されるなど国際的に高く評価され、日本で写真展が開かれるのは初めてという。画家のパブロ・ピカソやサルバドール・ダリはじめ、マザー・テレサらのポートレート、トルコ・イスタンブールの風景写真など約60点が並ぶ。

 開会式でエルドアン大統領は「アラ・ギュレルは歴史をカメラで記すと自負し、トルコの映像の記憶をつくった人物。トルコと日本の国民が互いの文化、歴史、人間的蓄積を知り合う機会を提供したい」とあいさつ。続いて出席した彬子女王らとともにテープカットした。写真展は10日まで。入場無料。