分譲マンションの売れ行きが好調で、路線価が上昇したJR近江八幡駅前(近江八幡市鷹飼町)

分譲マンションの売れ行きが好調で、路線価が上昇したJR近江八幡駅前(近江八幡市鷹飼町)

 滋賀県内の路線価は、標準宅地の平均変動率が前年比マイナス0・2%になり、2年ぶりに下落した。県内7税務署の最高路線価地点をみると、近江八幡が11年ぶりに上昇するなど京阪神通勤圏の県南部は堅調だったが、それ以外の水口や長浜、彦根などは下落または横ばいと振るわず、二極化に歯止めが掛からなかった。

 最高路線価(1平方メートル)は、近江八幡税務署管内のJR近江八幡駅前広場が12万円で前年比4・3%増となり、県内で最も伸びた。2018年まで7年続けて横ばいだったが、駅前の分譲マンションの売れ行きが好調で地価を押し上げた。

 草津管内が最高路線価としては27年連続トップで、JR草津駅東口が28万5千円と前年比3・6%上昇した。次いで大津のJR大津駅前が27万円で1・9%増だった。

 唯一下落したのは水口の県道大野名坂線で1・6%減った。周辺に商業施設が立地し、土地需要が分散した。今津の県道安曇川今津線(3万5千円)は前年までのマイナスから横ばいになったが、大阪国税局管内の最高路線価地点では、8年連続の最下位だった。

 前年と比較できる県内の標準宅地4550地点でみると、上昇が1027地点、横ばいが1950地点、下落が1573地点だった。上昇した箇所数が減り、下落が増えた。