容疑者が乗っていた軽乗用車を調べる京都府警の捜査員ら(27日午後7時11分、京都市南区上鳥羽菅田町)

容疑者が乗っていた軽乗用車を調べる京都府警の捜査員ら(27日午後7時11分、京都市南区上鳥羽菅田町)

 兵庫県尼崎市の路上で指定暴力団神戸山口組の古川恵一幹部(59)が銃撃され、死亡した事件で、自動小銃や拳銃を所持していたとして銃刀法違反容疑などで京都府警に逮捕された愛知県江南市古知野町花霞、朝比奈久徳容疑者(52)が「(発砲事件は)自分がやった」と事件への関与を認める供述をしていることが27日、捜査関係者への取材で分かった。

 府警によると、発砲事件を受けて警戒していた南署員が27日、名神高速京都南インターチェンジ付近で逃走車両とナンバーが合致する軽乗用車を発見。署員2人が運転していた朝比奈容疑者に職務質問しようとしたところ、いきなり拳銃を突きつけるなどしたことから、銃刀法違反と公務執行妨害の疑いで現行犯逮捕した。