花嫁のヘアメークやドレスアップの技を競う出場者ら(京都市東山区)

花嫁のヘアメークやドレスアップの技を競う出場者ら(京都市東山区)

 婚礼の着付けやヘアメークの技を競う全日本婚礼美容家協会の近畿ブロックコンテストが1日、京都市東山区のホテルで開かれた。京都開催は21年ぶり。近畿一円のプロや学生ら29人が、新郎新婦の晴れ舞台を彩る技を披露した。

 同大会は業界全体の技術向上を目指して毎年開かれており、優秀な成績を収めた人は全国大会への出場権を得る。今回は「打掛花嫁」「留袖」など8部門で、トータルコーディネートの美しさや正確さなどを競った。

 出場者は真剣な表情でモデルに向き合い、繊細なヘアセットやメークを手早く完成。純白のドレスや打ち掛けを身にまとった花嫁姿に、約350人の来場者が見入っていた。