女性の遺体が見つかったアパートを調べる京都府警の捜査員(6月11日、京都府向日市上植野町薮ノ下)

女性の遺体が見つかったアパートを調べる京都府警の捜査員(6月11日、京都府向日市上植野町薮ノ下)

 京都府向日市上植野町薮ノ下のアパート「寿荘」の駐車場で先月、粘着テープで巻かれた女性の遺体が見つかった事件で、京都府警捜査1課は2日、遺体の女性は大阪市住吉区長居東、無職小林美雪さん(43)と判明したと発表した。

 府警によると、小林さんは遺体で発見された当時、同アパートで住人の男(55)=死体遺棄容疑で逮捕=と同居していた。死因は特定されていないが、全身に殴られたような複数の痕があった。住人の男は「殴って死なせた」との趣旨の供述をしており、府警は、男が小林さんの死亡に関与した疑いがあるとみている。

 事件を巡っては、先月11日午前11時ごろ、近隣住民から「異臭がする」と110番があり、駆け付けた向日町署員がアパート駐車場で女性の遺体を見つけた。近くにいた住人の男と向日市役所職員の男(29)のほか、無職の男(52)が死体遺棄容疑で逮捕されている。