明治天皇陵を参拝された天皇陛下(28日午前10時33分、京都市伏見区)

明治天皇陵を参拝された天皇陛下(28日午前10時33分、京都市伏見区)

 京都市を訪れている天皇、皇后両陛下は28日午前、伏見区の明治天皇陵を参拝し、即位の礼や皇位継承の重要祭祀(さいし)「大嘗祭(だいじょうさい)」の終了を報告された。

 両陛下は午前10時すぎ、明治天皇陵に到着。小雨の中、モーニング姿の天皇陛下は傘を差して陵の前までゆっくり歩き、玉串をささげて深く頭を下げた。続いてグレーのロングドレス姿の皇后さまも同様に拝礼した。

 東山区にある明治天皇の父、孝明天皇の陵などへの参拝と合わせて即位関連儀式の一つで「親謁(しんえつ)の儀」と呼ばれる。

 付近の沿道では日の丸を振ったり、即位を祝う横断幕を掲げたりして歓迎する市民らの姿が見られた。

 午後には京都御所(上京区)で西日本の各界代表者約600人を招いた茶会を催し、同日帰京する。