ラグビー・関西大学リーグ勝敗表(28日現在)

ラグビー・関西大学リーグ勝敗表(28日現在)

 ラグビーの関西大学リーグ最終節が30日、たけびしスタジアム京都(西京極陸上競技場)などで行われる。既に天理大が4連覇を決めているが、2位以下は大混戦だ。京産大、同大、近大、関学大は4位までが出場できる全国大学選手権をにらんで激しい上位争いを展開。入れ替え戦に回る下位チームも未決定で、最終戦の勝敗で順位は大きく変動する。
 京産大と同大は4勝を挙げて4位以内を確定させ、大学選手権の出場権は獲得済み。それでも最終戦で敗れると4位になる可能性がともにある。関東の強豪とぶつかる大学選手権に向けて勢いを付けるためにも、勝利が求められる。
 天理大と対戦する京産大は今季で退任する大西監督が挑む最後のリーグ戦。6試合で422点と圧倒的な天理大の攻撃をどこまで防げるかが焦点となる。3季ぶりの大学選手権を視野に入れる同大は立命大と対戦。近年はリーグ戦で5連勝中と相性が良いライバルに、今季リーグ2位の得点力で勝ちきりたい。
 現在2勝4敗の立命大は負ければ22年ぶりに、下位2チームが出場する入れ替え戦に回る可能性が出てくる。自信を持って来季につなぐためにも、持ち味の攻撃的な防御を取り戻したい。