会見で、初めて三者協議に参加した思いを語る西山さん(中央)=今月12日午後6時3分、大津市梅林1丁目 

会見で、初めて三者協議に参加した思いを語る西山さん(中央)=今月12日午後6時3分、大津市梅林1丁目 

 滋賀県東近江市の湖東記念病院で2003年、男性患者の人工呼吸器を外して死亡させたとして殺人罪で服役後、再審開始が確定した元看護助手西山美香さん(39)の再審公判が来年2月3日に始まることが28日、弁護団への取材で分かった。

 弁護団によると、同3日に冒頭手続きと西山さんへの被告人質問を行って審理を終え、同10日に検察側論告と弁護側の意見陳述がある。検察側は確定審と同様の立証をする見通しで、弁護側は無罪を主張する。判決は3月末に言い渡される見通しという。

 再審に向けての三者協議では、検察側、弁護側ともに即日結審を希望していたが、出廷者の事情により結審までに2回開廷することになった。検察側は10月に有罪立証を事実上断念する方針を示しており、西山さんの無罪は確定的になっている。