クリスマスツリーの前で曲を演奏する同志社国際学院の子どもたち(京都府京田辺市興戸・同志社女子大京田辺キャンパス)

クリスマスツリーの前で曲を演奏する同志社国際学院の子どもたち(京都府京田辺市興戸・同志社女子大京田辺キャンパス)

 京都府京田辺市興戸の同志社女子大・京田辺キャンパスでこのほど、クリスマスツリーのイルミネーションが点灯された。聖歌隊による賛美歌の後、中庭のツリーが明るく浮かび上がり、キャンパスは幻想的な雰囲気に包まれた。12月25日までの午後5~9時にともされる。
 クリスマスの4週間ほど前から始まるキリスト教「待降節(アドベント)」に合わせて毎年点灯している。モミノキに似た高さ12メートルのドイツトウヒにLED(発光ダイオード)照明約5500個を飾り付けた。
 午後5時すぎにイルミネーションがともされると、歓声が上がった。同志社国際学院(木津川市)の児童・生徒らが「もろびとこぞりて」など聖歌を演奏し、大学生がツリーや聖歌隊の記念撮影を楽しんでいた。
 隣接する同志社大・京田辺キャンパスでも12月2~25日午後4時半~9時に、クリスマスツリーのイルミネーションを点灯。同市内の近鉄新田辺駅前では1日~来年1月15日午後5~10時に市都市緑化協会がイルミネーションで街を照らす。