裁判所の差し押さえを受けて、初代桂春団治が自分の口に封印の紙を貼ってみせた。「この家で金目のものはこれだけや」と言ったかどうか、伝説の多い…