<旬の献立を探しに 小平泰子>

 カブの水気も全て使い切ってください。カブの爽やかな香りを生かしたいので、沸騰したらすぐに火を止めるのがおいしさのポイント。


【材料】(2人分)

小カブ 2個(すりおろして150ccほど)
A=だし300cc、日本酒小さじ1/2、塩小さじ1/4
おろししょうが 適量


【作り方】

(1)カブは葉を切り落とし、皮付きのままおろす。
(2)鍋にA、(1)を入れて火にかけ、沸騰したらあくをひいてすぐに火を止める。
(3)器に盛り、おろししょうがを添える。


◆小平泰子 こひら・やすこ 1977年京都市生まれ。旬の食材を使い、和食にとらわれず、食材の組み合わせの面白さを提案したレシピを考案。中京区烏丸三条と東京・日本橋で料理教室を開く。近著に「季節の野菜と果物でかんたんおつまみ」がある。インスタグラムはyasukokohiragokan