木枯らしが吹き始め寒さが増してくる頃、酒蔵から満を持して寒おろしが出荷されます。じっくりと熟成され、芳醇(ほうじゅん)なうま味が一層深まった味わいは格別です。酒かすもお目見えするので、人目も気にせず左手に酒瓶、右手に酒かすを抱えられるだけ買って帰っては舌なめずりをする。これは誰にも邪魔されたくない酒呑(の)みのひそかな楽しみなのです。

 そろそろ暖房を入れ始めたお宅も多いのではないでしょうか。昔は板かすに砂糖をまぶしつけ、火鉢で香ばしくあぶっていたと聞きました。「おやつとして食べたら色白のべっぴんさんになるんやて。便秘解消で美肌効果もあるしな」ですって。今更教えられても…と酒呑みのぼやきはさて置き、今夜はお燗(かん)をつけてこんなおかずで一杯。締めに熱々のあんでたっぷりとじたたぬきご飯、食後に火鉢ならぬ魚焼きグリルで焼いただけのべっぴんさんのおやつはいかがでしょうか。


◆小平泰子 こひら・やすこ 1977年京都市生まれ。旬の食材を使い、和食にとらわれず、食材の組み合わせの面白さを提案したレシピを考案。中京区烏丸三条と東京・日本橋で料理教室を開く。近著に「季節の野菜と果物でかんたんおつまみ」がある。インスタグラムはyasukokohiragokan