光と音で山城町森林公園を彩るライトアップのイメージ写真(京都府木津川市山城町)=光と音のアートプロジェクト実行委提供

光と音で山城町森林公園を彩るライトアップのイメージ写真(京都府木津川市山城町)=光と音のアートプロジェクト実行委提供

 夜の山城町森林公園(京都府木津川市山城町)を光と音で演出する催しが12月1日から始まる。アート作品も展示し、会期中の土日には飲食ブースも出店する。冬の夜空の下、昼間には見られない森の幻想的な姿を楽しんでもらう。
 市内外の作家らでつくる光と音のアートプロジェクト実行委員会が初めて企画した。
 公園の入り口から約100メートルにわたって点在する立体アート作品や木々をライトアップ。木々が密集した場所では光と音が連動した約10分間のショーを繰り返し行う。あるテーマに基づくストーリーが隠されており、鑑賞後に来場者に冊子を配ってテーマを知ってもらう。
 土日は会場入り口に飲食ブースや実行委スタッフが開く「語りバー」が並ぶ。ライトアップについて語り合いながら飲食を楽しんでもらう。平日限定で、筒状の立体に入って外の光を遮り、夜空の星を眺める企画も用意する。
 8日までの午後5~9時。入場料700円(平日500円)。中学生以下無料。土日はJR木津駅と公園を結ぶ無料シャトルバスが運行する。