滋賀県警本部

滋賀県警本部

 故意に交通事故を起こして保険金をだまし取ったとして、滋賀県警交通指導課などは3日までに、詐欺容疑で、滋賀県栗東市荒張、トラック運転手の男(30)=詐欺罪で起訴=ら男5人を逮捕・再逮捕した。

 男の逮捕容疑は、数人と共謀し、2015年3月21日に栗東市辻で故意に追突するなど2件の事故を起こして、損害保険会社から治療費や代車費などの名目で計1440万円をだまし取った疑い。

 他の逮捕者は、トラック運転手の男(28)ら2人と、会社員の男(30)の3被告=いずれも詐欺罪で起訴=と、トラック運転手の男(25)。男らは計3件の事故で共謀したといい、うち一人は「だまし取る計画は立てていない」と否認している。

 県警によると、5人は知人同士。昨年11月、損害保険会社の調査機関から「同じメンバーで数回事故を起こしている」と情報提供があった。県警は、いずれも物損事故として処理していたという。