南極のペンギンの切り絵をラベルにした日本酒(甲賀市水口町)

南極のペンギンの切り絵をラベルにした日本酒(甲賀市水口町)

 南極のペンギンの切り絵をラベルにした日本酒のセット「SAVE the Penguin 酒BOX」を滋賀県甲賀市水口町の美冨久酒造が販売している。地元の切り絵作家の中村学さん(46)の企画で商品化した。売上金の一部は世界自然保護基金(WWF)に寄付される。

 中村さんが創作活動で取り上げる動物を調べる中、地球温暖化の進行で南極ペンギンが危機に陥っているとのWWFの報告を知り、知人の社員に寄付付きのラベル酒を提案。酒造側も「環境保全活動に関心を深めてもらえる」と商品デザインを含め全面協力した。

 酒BOXは山廃仕込本醸造の180ミリリットル瓶3本入り(1296円)。各瓶のラベルにはアデリーペンギンやケープペンギンなど中村さんの切り絵をあしらい、最新の生息状況などの解説を掲載。同じ切り絵のポストカードも付く。夏限定で同酒造で購入できる。WWFへの寄付は50円が充てられる。

 中村さんは「かわいいペンギンたちのラベルを見て感じ、温暖化問題を考えるきっかけにしてほしい」と話す。問い合わせは美冨久酒造0748(62)1113。