海上自衛隊の輸送艦「しもきた」に乗り込む陸上自衛隊の隊員たち(舞鶴市北吸・海自北吸桟橋)

海上自衛隊の輸送艦「しもきた」に乗り込む陸上自衛隊の隊員たち(舞鶴市北吸・海自北吸桟橋)

 陸上自衛隊の車両や隊員を、海上自衛隊の輸送艦で運ぶ訓練が3日、京都府舞鶴市北吸の海上自衛隊北吸桟橋であった。陸自と海自が協力し、輸送に関する連絡調整や手順などを確認した。

 訓練は、陸自が海自などの輸送力を使って迅速に移動して訓練する「協同転地演習」の一環。陸自福知山駐屯地(福知山市天田)の第7普通科連隊などが参加した。

 陸自隊員約170人が、海自呉基地所属の輸送艦「しもきた」に武器などを運び込んだ後、軽装甲機動車やトラックなど約60台を積み込んだ。

 しもきたは4日出港し、8、9日に北海道大樹町の陸自浜大樹訓練場で揚陸訓練を行う。