舞鶴労働基準監督署(京都府舞鶴市)は29日、労働基準法違反(賃金不払い)などの疑いで、舞鶴市溝尻町の葬儀会社=事業停止=と、同社の男性社長(76)を京都地方検察庁舞鶴支部に書類送検した。
 書類送検容疑は、従業員5人に6~8月の賃金計約380万円を期日に支払わなかった疑い。同監督署によると、男性は「業績不振で支払いができなかった」と容疑を認めているという。