大津市で保育園児らが死傷した5月の交通事故を受け、京都府は4日、子どもの安全確保に向けた緊急対策補助金を創設したと発表した。府内の保育施設や児童福祉施設に対し、職員の研修費や備品購入費の一部を補助する。

 対象施設は、府内の保育園や幼稚園、認定こども園、放課後児童クラブ、児童館など。公立か私立かは問わない。散歩などの野外活動に使う安全反射ベストや安全旗、園児用ヘルメットなどの購入費、交通安全対策を学ぶ職員向け研修費の一部を補助する。

 今年5月8日から来年3月31日までの間で実施済みか、予定している事業が対象。20万円を上限に、必要な経費の2分の1(最大10万円)を補助する。募集期間は8月30日まで。交付申請書は府ホームページからダウンロードできる。問い合わせは府こども・青少年総合対策室075(414)4581。