点灯されたオブジェやイルミネーションに見入る家族連れ(30日午後7時45分、大津市柳が崎・びわ湖大津館)

点灯されたオブジェやイルミネーションに見入る家族連れ(30日午後7時45分、大津市柳が崎・びわ湖大津館)

 びわ湖大津館(大津市柳が崎)のイングリッシュガーデンで30日、冬のイルミネーション「光のおもちゃの世界」の試験点灯が行われた。さまざまな形状のオブジェが色彩豊かに発光し、会場を華やかな雰囲気に包んだ。
 同館が2014年度に始め、17年度から同市の成安造形大で空間デザインなどを学ぶ学生が会場設計を担当している。今回は1~3年生16人が「おもちゃ」をテーマに、積み木やクレヨンに見立てた電飾を置き、特設スクリーンに影絵を投影した。遅咲きのバラが彩る庭園が幻想的な空間となり、招待された地域の家族連れらが歓声を上げて喜び、写真を撮っていた。
 12月1日から来年2月14日まで。1月は1~3日と土・日曜、祝日のみ。午後5時~8時半。要入園料。同館077(511)4187。