3連覇を決めるゴールテープを切る立命大の高畑祐(京産大第1駐輪場前)

3連覇を決めるゴールテープを切る立命大の高畑祐(京産大第1駐輪場前)

 第86回京都学生駅伝(関西学生陸上競技連盟、京都新聞主催)が1日、京都市左京区の北大路橋東側河川敷から北区の京産大第1駐輪場までの6区間40・4キロのコースで行われ、立命大が大会新の1時間58分11秒で3年連続31度目の優勝を飾った。2位は京産大、3位は龍大だった。


 立命大は2位でたすきを受けた2区の今川がトップに立つと、3区今井が区間新の力走で差を広げた。京産大は2区北沢(久御山高出)が区間新の快走で、5位から2位に浮上させた。
 レースには京滋の9大学と、海外の大学として初参加の建国大(韓国)などオープン参加の7チームが出場した。佛大は5区の選手が途中棄権した。