来年のえとであるネズミを描いた大絵馬(亀岡市千歳町・出雲大神宮)

来年のえとであるネズミを描いた大絵馬(亀岡市千歳町・出雲大神宮)

 師走に入った1日、京都府亀岡市千歳町の出雲大神宮に、来年のえと「子(ね)」にちなんでネズミを描いた大絵馬が早くもお目見えした。宝袋にちょこんと乗る真っ白なネズミが愛らしく、参拝者たちが早速写真に収めていた。


 今年のえとイノシシに引き続き、日本画家の杉本使聖さん=京都市西京区=が原画を手掛けた。十二支の始め「えと頭」にあたるネズミが、勾玉(まがたま)を手にして宝袋に乗る、めでたい姿を描いた。参拝者の所願成就の祈りを込め、ネズミの横には宝珠も添えた。
 原画を転写した大絵馬は縦約1・8メートル、横約2・1メートルの大きさで、拝殿に設置された。岩田昌憲宮司は「来年が健康で明るく、災害のない1年になるよう祈念したい」と話している。