野外スケート場で滑走を楽しむ入場者ら(1日午後4時38分、京都市下京区・梅小路公園)

野外スケート場で滑走を楽しむ入場者ら(1日午後4時38分、京都市下京区・梅小路公園)

 京都市下京区の梅小路公園に1日、野外スケート場「ビバスクエア京都」がオープンした。初日から大勢の家族連れやカップルらが訪れ、冬空の下で真新しいリンクの感触を確かめた。

 JR山陰線梅小路京都西駅の東側を活用し、スポーツクラブなどを運営するビバ(上京区)が開業した。リンクは約550平方メートル(長さ41メートル、幅13メートル)で、市内で唯一、屋外での滑走が楽しめる。
 プロらによるショーに続く一般滑走では、子どもたちが歓声を上げながら元気に初滑りを楽しんだ。リンク脇には、イルミネーションが施されたクリスマスツリーもあり、夕刻には幻想的な雰囲気となった。
 氷のリンクでの営業は、来年3月1日まで。正午~午後9時(土日祝日は午前10時から)。有料。