市民らの願いがこもった短冊がつるされているササ飾り(城陽市寺田・文化パルク城陽)

市民らの願いがこもった短冊がつるされているササ飾り(城陽市寺田・文化パルク城陽)

 七夕に合わせ、京都府城陽市寺田の文化パルク城陽にササ飾り5本が設けられた。訪れる人たちがさまざまな願いを込めて短冊をつるしている。

 施設を管理する城陽市民余暇活動センターが、願いを託してもらおうと正面入り口付近に設置した。ササは市内で切り出し、最長約5メートル。つるされた短冊には「テストで満点が取れますように」「家族が健康でいられますように」といった素朴な願いがつづられている。「高齢者の交通事故をなくそう」など世相を反映したものや、折り紙の飾りも下がっている。

 短冊は館内のササ近くに備えるが、持ち込むこともできる。10日まで展示した後、短冊は荒見神社(同市富野)に奉納する。月曜休館。