三菱ロジスネクストが発売したレーザー誘導方式無人フォークリフト「ラックフォークオート」

三菱ロジスネクストが発売したレーザー誘導方式無人フォークリフト「ラックフォークオート」

 三菱ロジスネクストは狭い通路でも走行できるレーザー誘導方式無人フォークリフト「ラックフォークオート」を発売した。車体の向きを変えずに3方向の荷役が、最長6・5メートルの高さまで可能。限られた保管スペースを最大限に活用でき、生産・物流の自動化の需要に応える。

 フォーク部分が左右に180度回転するため、最小1・5メートル弱の通路幅で、前方と左右の荷役ができる。壁に取り付けた反射板でフォークリフトの位置を検出して走行するレーザー誘導方式は、床面工事は不要で、倉庫のレイアウト変更にも容易に対応できる。搭載しているシステムで最適なルートを選択、作業を効率化する。

 1トン積み、1・5トン積みの2製品。同社は無人フォークリフトで年間100台の売り上げを目指す。レーザー誘導方式の無人フォークリフトは2製品目。