国際情報─八日市 7回裏八日市1死二塁、7番田中が左越えに2点本塁打を放つ(彦根)

国際情報─八日市 7回裏八日市1死二塁、7番田中が左越えに2点本塁打を放つ(彦根)

 第101回全国高校野球選手権滋賀大会は8日、皇子山など2球場で1回戦4試合を行った。

 彦根で行われた八日市-国際情報は、八日市が12-6で国際情報を下した。

 八日市は下位打線が奮起し、国際情報に打ち勝った。12得点のうち、7~9番で計6打点。中でも存在感を示したのは、終盤に2点本塁打を放った7番田中だ。

 捕手の鋭い勘を働かせた。七回1死二塁。1ボールからの2球目だった。「ボールの後は(ストライク)カウントを取りに来ると思って直球を待っていた」。狙い通り内角直球を捉え、豪快に左翼席へ打ち込んだ。

 序盤から点の取り合いになっても、各打者は後ろにつなぐチーム打撃を徹底した。三者凡退は三回の一度だけ。大会前にベンチメンバーで合宿を重ねたことで「チームにまとまりが出てきた」と、この日4安打の3番渡辺が秘けつを語った。