【資料写真】京都府警上京署(京都市上京区)

【資料写真】京都府警上京署(京都市上京区)

 12日午前11時20分ごろ、京都市左京区瀬ノ内町で、「隣を走る車のプレートが偽造だ」と110番があった。約1時間後、京都府警機動捜査隊員が上京区内で不審な乗用車を見つけ、運転手の男に職務質問しようしたところ、男は乗用車を急発進させ、周囲の車両など車3台に衝突しながら逃走。今出川通智恵光院交差点付近で車を乗り捨て、近くのマンション敷地に逃げ込んだところを、駆け付けた捜査員に建造物侵入容疑で現行犯逮捕された。

 京都府警上京署によると、男は滋賀県栗東市の自称アルバイト(27)。「保釈中で捕まるのが嫌だったので逃げた」と供述しているという。上京署の説明では、乗り捨てられた車は、ナンバープレートの数字が前後で異なっていたという。

 男は5月7日、覚せい剤取締法違反の罪で実刑判決を受け、現在は控訴中で保釈されていたという。