彦根翔西館-玉川 5回裏彦根翔西館1死満塁、敵失で三走・七里に続き二走・杉本も生還。5-3と勝ち越す。捕手・中村優(彦根)

彦根翔西館-玉川 5回裏彦根翔西館1死満塁、敵失で三走・七里に続き二走・杉本も生還。5-3と勝ち越す。捕手・中村優(彦根)

 第101回全国高校野球選手権滋賀大会は13日、皇子山、彦根の両球場で2回戦4試合を行った。彦根で行われた2回戦の彦根翔西館対玉川は、彦根翔西館が7―3で玉川を下した。

 初回、彦根翔西館の1番・中川が初球を中前にはじき返して塁に出た。「先頭打者が出塁したら初球、エンドランでいくぞ」。伊吹監督とナインが前日から決めていた作戦が始まった。

 続く野下は初球バントと見せかけて、バットを引いて強打。左前打となり、スタートしていた中川は三塁へ進んだ。3番の七里も初球を振って中前適時打。わずか3球で鮮やかに先制点を奪い、中川は「春以降、スイングも走塁面も強化してきた」と喜んだ。

 果敢に次の塁を狙う積極的な走塁を見せて初回に計3点。六回は中川、野下が盗塁を決めてだめ押し点につなげた。サイン通りに動くプレーを練習してきたが、塁上にいる走者の直感も重視。ナインは相手投手の癖を観察し、互いに話し合って次の打席に生かした。伊吹監督は「前向きなミスは全然OK、と伝えていた。ようやってくれた」と笑顔。3回戦は七里主将が「めちゃくちゃ対戦したかった」という近江とぶつかる。優勝候補にも自慢の「足」で挑むつもりだ。