京都府教委の「未来のメダリスト創生事業」の指定選手に選ばれ、代表で決意を述べる空手の沢島(京都市上京区)

京都府教委の「未来のメダリスト創生事業」の指定選手に選ばれ、代表で決意を述べる空手の沢島(京都市上京区)

 京都府教育委員会が実施する「未来のメダリスト創生事業」の本年度指定選手36人が決まり、京都市上京区のルビノ京都堀川でこのほど指定証が授与された。将来、五輪などの国際大会で活躍が期待される中高生が顔を並べた。

 指定対象は府内の中学3年~高校3年生で、強化費の補助などを受けられる。フィギュアスケートでグランプリシリーズヘルシンキ大会4位の白岩優奈(関大KFSC、京都両洋高)や、6月に行われたレスリングの全日本選抜選手権で男子初の高校生王者に輝いた高橋夢大(ゆうだい)(網野高)らが選ばれた。

 授与式では、昨年のユース五輪空手組手女子59キロ級銀メダルの沢島さくら(華頂女高)が「支えていただいている周りの方々への感謝の気持ちを忘れずに、これまで以上にそれぞれの目標に向かって精進していく」と決意を語った。

 指定された36選手は次の通り。

 ▽フィギュアスケート 白岩優奈(京都両洋高)▽陸上 藤原孝輝(洛南高)井上堅斗(久御山高)▽競泳 渡会円香(京都外大西高)豊山就介(京産大付高)鍵本彩夏(舞鶴市立城北中)▽テニス 藤原智也(東山高)▽バレーボール 和田由紀子(京都橘高)▽新体操 小西野乃花(乙訓高)▽バスケットボール 高橋未来(京都精華学園高)星川堅信、大西一輝(洛南高)波多野心優(京都市立加茂川中)▽レスリング 高橋夢大、三浦哲史、伊藤海(網野高)▽セーリング 小林奏、白数奈津見(宮津高)▽重量挙げ 武藤理恵瑠(加悦谷高)川崎涼雅(海洋高)西川勝之(朱雀高)▽自転車 四宮寛人、岡本勝哉(北桑田高)▽フェンシング 寺山珠樹、竹沢志緒里、東佑夏、津田愛実、竹山柚葉(乙訓高)飯村一輝(龍谷大平安高)▽柔道 岡田恵里佳、西村瑞穂(立命館宇治高)▽ソフトボール 新宮怜美(京都西山高)▽バドミントン 西大輝(乙訓高)▽カヌー 安井堅士朗(久美浜高)▽空手 沢島さくら(華頂女高)▽トライアスロン 徳山哲平(乙訓高)