京都府警八幡署

京都府警八幡署

 12日午前10時15分ごろ、京都府八幡市橋本栗ケ谷の民家で、住人の女性(78)と夫(83)が死亡しているのを、八幡市消防本部の救急隊員が見つけた。女性は1階のベッドに横たわり、夫は2階で首をつっていた。司法解剖の結果、ともに窒息死で、京都府警八幡署は無理心中の可能性もあるとみて捜査している。

 同署によると、女性は認知症で、夫が介護をしていた。女性が利用を予定していた同市のデイケア施設の職員が迎えに訪れ、応答がないため119番した。女性は10日にはデイケアを利用していた。現場に外部から侵入した形跡はないという。