2022年度中に転落防止のホーム柵が設置される京都市営地下鉄北大路駅のホーム(北区)

2022年度中に転落防止のホーム柵が設置される京都市営地下鉄北大路駅のホーム(北区)

 京都市はこのほど、市営地下鉄北大路駅(北区)に線路への転落を防止する可動式ホーム柵を2022年度中に設置する方針を明らかにした。烏丸線では烏丸御池、四条、京都の各駅に次いで4駅目となる。


 北大路駅は烏丸線開業の1981年に整備された。国が2011年、各地で相次ぐホームからの転落事故を受け、利用者の多い駅に転落防止用の柵の設置を要求し、市は14~15年に1日平均約10万人が利用する3駅で先行して整備した。
 北大路駅は烏丸線全駅の中で4番目に多い1日平均3万1340人(昨年度)が利用している。京都府立盲学校や京都ライトハウスなどに通う視覚障害者の乗降も多いため、設置を決めた。
 運行管理システムを21年度に更新し、設計や工事を経て22年度中の設置となる。ホーム柵は全長約120メートル、高さ1・3メートル。乗り降りする開口幅は3メートルで、既存の3駅と同タイプを予定している。費用は3億円超を見込む。
 また、市は跡地活用を目指して法務省に移転を要望している京都刑務所(山科区)と京都拘置所(伏見区)について、市内を中心に移転先を探す方針を明らかにした。門川大作市長は答弁で「幅広く情報収集を行い、早急に国に具体的な提案をしたい」と述べた。