洛南-嵯峨野 6回裏嵯峨野1死三塁、藤井の犠飛で三走和田伸が生還し2-1と勝ち越す。捕手大野(あやべ)

洛南-嵯峨野 6回裏嵯峨野1死三塁、藤井の犠飛で三走和田伸が生還し2-1と勝ち越す。捕手大野(あやべ)

 第101回全国高校野球選手権京都大会は15日、わかさスタジアム京都など3球場で3回戦6試合を行った。春季府大会優勝の京都国際は中盤に持ち味の打力で得点を重ね、8―2で東稜を倒した。嵯峨野は投打がかみ合い、7ー2で洛南を破って21年ぶりに3回戦を突破した。

 立命館は桂に14―3の八回コールドで快勝。久御山も14―2の七回コールドで海洋を倒した。洛東は城南菱創との点の取り合いを7―5で制し、京都外大西は着実に得点を重ね7―2で洛西に快勝した。