伊吹-光泉 3回裏光泉2死、左越え本塁打を放ち、笑顔で生還するフェントン(皇子山)

伊吹-光泉 3回裏光泉2死、左越え本塁打を放ち、笑顔で生還するフェントン(皇子山)

 第101回全国高校野球選手権滋賀大会は16日、皇子山、彦根の両球場で2回戦4試合を行った。

 皇子山で行われた2回戦、光泉対伊吹は、光泉が4-3で伊吹に競り勝った

 光泉の頼れる主将、フェントンが絶好調だ。同点に追いつかれた直後の三回。2死から5球目のスライダーをすくい上げ、左越えに2試合連続となるソロ本塁打。「(失点は)自分のミスだったので自分のバットで取り返そうと思った」と振り返った。

 捕手としても吉田、伊藤の両右腕をリードし、接戦をものにした。古沢監督は「最後の夏の大会だし、開き直れているのが大きい」と好調の要因を語った。