<旬の献立を探しに 小平泰子>

 白菜の色を生かす程度に火を通します。クタクタではなく、サッとで。ゆずこしょうや、かんずり(唐辛子で作る調味料)などを添えても違った味わいに。


【材料】(2人分)

白菜 100グラム
A=だし200cc、薄口しょうゆ・みりん各小さじ1
カニのほぐし身 30グラム
ユズの皮 適量


【作り方】

(1)白菜は一口大に切る。ユズの皮は千切りにする。
(2)鍋にAを入れて火にかけ、沸騰したら白菜の半量を入れてサッと煮てすぐに器に盛る。残りも同様に作る。
(3)汁を張り、カニの身を乗せ、ユズの皮を飾る。


◆小平泰子 こひら・やすこ 1977年京都市生まれ。旬の食材を使い、和食にとらわれず、食材の組み合わせの面白さを提案したレシピを考案。中京区烏丸三条と東京・日本橋で料理教室を開く。近著に「季節の野菜と果物でかんたんおつまみ」がある。インスタグラムはyasukokohiragokan