京都府警本部

京都府警本部

 捜査書類をシュレッダーで廃棄したとして、京都府警は5日、公文書毀棄(きき)の疑いで、府警捜査2課の30代の男性巡査部長を書類送検し、停職1カ月の懲戒処分とした。巡査部長は同日、依願退職した。

 書類送検容疑は山科署刑事課に勤務していた2017年3月、担当していた特殊詐欺事件の被害届と被害者の供述調書の計2点を、署内のシュレッダーで裁断し、廃棄した疑い。

 府警によると、巡査部長は「捜査を放置しており、事件がなかったことにしようと思った」と供述。詐欺事件は未解決で、いずれの書類も再作成する必要があるという。山科署が今年7月、この事件の証拠を点検した際に廃棄が発覚した。

 府警は監督責任を問い、当時の刑事課長ら上司3人を所属長注意の内部処分とした。

 府警監察官室の姫野敦秀首席監察官は「警察官としてあるまじき行為。被害者の方に心からおわびします」とコメントした。