右京署(京都市右京区)

右京署(京都市右京区)

 当時3歳の長男に暴力を振るって死なせたとして、京都府警捜査1課と右京署は17日、傷害致死の疑いで、京都市右京区花園扇野町の母親(21)と父親の会社員(22)を逮捕した。

 府警によると、母親は「疑われるようなことは何もない」、父親は「しつけで手を出すことはあるが、けがをさせるようなことはしていない」といずれも容疑を否認しているという。

 逮捕容疑は2018年12月5日ごろ、右京区の自宅で、長男=当時(3)=に暴行を加えて頭に重いけがを負わせ、同19日、搬送先の病院で死なせた疑い。

 府警などの説明では、同5日午後3時すぎ、母親から連絡を受けた親族が「子どもが自宅で転倒して意識がない」と119番した。長男の体には頭のほか、首やほお、腕などに複数のあざがあったといい、府警は、長男が両容疑者から日常的に暴行を受けていた可能性があるとみている。

 一方、通報があった当時、父親は仕事で外出していたといい、府警が経緯を慎重に捜査している。

 市児童相談所(児相)によると、家族は17年4月に府外から転居してきた。これまでに近所などから虐待を疑う通報は寄せられておらず、18年10月の3歳児健診でも、長男にけがなどの不審点はなかった。前居住地でも虐待は確認されていないという。

 児相の職員が救急搬送翌日の12月6日、両容疑者宅を訪問し、事情を尋ねたところ、母親は「(長男は)部屋の中を走り回っていた。大きな音がしたので見ると、あお向けに倒れていて、テーブルで頭を打ったと思った」と説明し、複数のあざについては「遊んだ時にできた傷だと思う」と話したという。また、父親は「あざには気付いていた。母親に確認したが『知らない』という返事だった」と答えたという。

 家族は両容疑者と長男、次男(2)、長女(1)の5人暮らし。子ども3人はいずれも未就園で、次男と長女に虐待を受けた形跡はないという。