都市対抗野球の第6日は18日、東京ドームで2回戦3試合が行われ、日本新薬(京都市)は一昨年優勝のNTT東日本(東京都)に1―2で逆転負けし、初戦で姿を消した。

 日本新薬は初回2死一、二塁から5番黒川の中前適時打で先制。先発の左腕榎田は6回無失点と好投した。七回から継投したが、3番手の岩本が八回に逆転打を浴びた。