野洲川沿いに点在する八つのスポットを掲載した「かわカード」

野洲川沿いに点在する八つのスポットを掲載した「かわカード」

 滋賀県を流れる野洲川放水路通水40周年を記念し、国土交通省琵琶湖河川事務所(大津市)は、野洲川沿いの自然や施設の写真と説明文を掲載した「かわカード」を作った。入手するには各スポットを訪れて写真を撮る必要があり、同事務所は「サイクリングで巡ることも想定した。ぜひ全種類をそろえて」と呼び掛けている。

 マンホールカードや橋カード、ダムカードなどが近年、人気を集める中、野洲川周辺を巡って川に親しんでもらおうと企画した。既に県内外のカード収集家が訪れるなど注目を集めているという。

 カードは8種類で、三上山(野洲市)や野洲川中州親水公園(守山市)、野洲川運動公園(栗東市)、石部頭首工(湖南市)など、野洲川ゆかりのスポットを紹介している。

 入手するには各スポットでの写真撮影が必要。守山市埋蔵文化財センター、野洲川体育館(栗東市)、野洲川河川公園管理所(野洲市)のいずれかで、写真を提示するとそのスポットのカードがもらえる。

 配布期間は12月27日まで。9月15日に守山市で開催する自主防災シンポジウムで当日限定のプレミアムカードを配布予定という。同事務所077(546)0844。